居住用で借りたマンシヨンを事務所として使いたい

居室として使用していたマンシ三ンを事務所として使用したいのですが、やはり大家さんに申告するべきでしょうか。
使用目的以外の使用は原則的に禁止賃貸住宅では、契約書でその使用目的が決められているのが普通です。

その理由としては、

①共同住宅から来る制約(例えばマンションの一室で事務所や店舗を開くことは、来客の騒音などがまわりの居住者に迷惑となります)
②建物の榊造から来る制約(例えば木造住宅では多数の商品を置く店舗などは、建物の強度から不適切です)
③地域性から来る制約(例えば閑静な住宅街で風俗営業などを営むことは、地域にふさわしくありません)などが考えられます。

このような理由により、大家さんに無断で、契約書にある使用目的以外の方法で部屋を使用することは、原則として禁止されています。
これに違反すれば、事情によっては契約を解除され、退室しなければならなくなるかも知れません。
将来、使用目的を変更する予定があるならば、契約時そのことを特約としておくとよいでしょう。
回事情によっては大家さんが了承してくれることもある質問のケースでは、部屋が1階にあるとか、周囲にも事務所があるなどの事情があれば、大家さん力了承してくれる可能性もあると思います。
でもその際に、家賃の値上げを言われるとか、権利金を要求されれば、それらの要求にしたがわなければなりません。
結局、家主に無断で契約書にある以外の使用目的の変更が原因でトラブルとなった場合は、使用に関する合意の内容、必要とする改装の程度、周囲の環境、家主の受ける損害の程度等諸般の事情を考慮のうえ、解除するかどうかが決せられることになります。

「ガーデニエール砧レジデンス」は、小田急小田原線・千歳船橋駅から徒歩10分、小田急小田原線・祖師ヶ谷大蔵駅から徒歩10分の閑静な住宅街の中にある、地上10階・地下1階・総戸数270の超大型賃貸マンションです。パーク棟・ブライト棟・ゲート棟という3つの棟から構成されており、敷地内には推定樹齢100歳を超える大木が枝を広げる中庭があり、屋上も緑化された緑豊かなマンションです。敷地内にはクイーンズ伊勢丹や高品質な食品スーパーマーケット、カフェレストラン、無印良品や専門店、薬局などの商業施設が大変充実しており、日常のお買い物から休日のお出掛けまで敷地内で楽しむことができます。暮らしをサポートするコンシアージュサービスもあり、ゲスト対応や宅配便発送をはじめ、タクシーやレンタカーの手配、クリーニングやジューズリペアサービスなどサポート内容も充実しています。間取りは1K〜4LDKと幅広く、シングルからファミリーまで多彩なライフスタイルに対応可能なバリエーションプランが用意されています。お部屋のある棟により横浜方面を一望できたり、富士山を望めたりと様々な風景を楽しむことができます。小型犬1頭までならペットの飼育も可能で、ゲート棟駐車場入り口にはペットの足洗い場も設置されています。